今と未来を見る目

  • 2020.04.13 Monday
  • 13:19

音楽に関係のない内容です。

 

東京を中心に緊急事態宣言出ました。

あと1週間早く出せば良かったですね。

 

私の予想では、多分遅かったと思います。

近い将来今まで対策ではもう追いつかなくなります。

クラスター対策と並行してどんどん新しいの対策で先手を打っていかないといけない段階です。 

 

私が一番懸念しているのは日本もイタリアと同じ道をたどるのではないかと。

世界一の超高齢化社会の日本(イタリアは2位)ですから、本当に危険だと思います。

そこは政府はどう踏まえているのか。

先日の安部さんの会見の最後にイタリア人の記者からの質問がありました。ご覧になりましたか?

 

1:00:14からです下矢印下矢印下矢印

 

このやりとりについては私なりの分析があります。

 

.ラスター班の配置 ⇒政府の運営

日々の健康意識 ⇒日本国民依存

先端の医療 ⇒医療機関依存

 

これですと,離ラスター班運営しか政府はになっていないという事になります。

他に政府がやられている事は日本の経済を回す事です。

でもこれでは感染症対策にはならないですよね。

 

もしイタリアの様にならなかったとしても、横ばいで長続きしますから、

ウイルスとの共存について長いで見た展望があるのかどうか。

現在をズームインする目と、何年か越しを見るズームアウトする目の両方が必要です。

 

この両方を同時に今の政府がやっていけるのか。

疑問と不安です。

 

私自身、この両方の目をもって自分自身の生活設計をして行きたいと思っています。

 

尻切れトンボですが、また書きます。

ではでは。

Ribbon in the Sky 一本のリボン

  • 2020.04.04 Saturday
  • 16:28

その後皆様如何お過ごしでしょうか?

前回のブログから2週間、

大分日本も深刻度が高まってきました。


世界中の人が、政治家であろうがセレブリティーであろうが

アマゾン奥地やアフリカの人ですら" Stay Home"。

『家にいる』という同じ行為をしているのかと思うと

私は妙な連帯感を覚えます。

 

我々は同じ見えない敵に向かって戦っています。

止まない雨は無い。

空にある一本のリボンで我々はつながっているのだ。

 

という事で、この " Ribbon in the Sky" by Stevie Wonder

を弾き語りでお届けいたします。

 

偏見や差別を抱かず、皆で協力し合ってこの苦難の時期を乗り越えましょうグッ

 

 

プチボノー

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 13:46

昨今の自粛ムードの中、

私は何の変更も無く淡々とお仕事させて頂いています。

ここ5年位、自分の中で『働き方改革』を実行した甲斐あって、

あまり世相に影響されずマイペースにお仕事させて頂けてるのは

本当に有難いなとつくづく思っています。

 

また、たまたまですが、

今年1-3月は自分のライブをしないと決めていたので、

そこの影響もなく本当に運が良かったとしか言いようがありません。

とは言え、この自粛ムードの中で何となく外に行きづらく、

ましてや今日は雨で散歩にも行けない。

ので、ずっとやろうやろうと思っていたレッスン室の模様替えを決行しました。

 

また先日晴れた日に実家に行って

断捨離し買取業者に大袋を4袋出し、

最近はメルカリも再開したりと、

今まで忙しくて先送りにしていた事が出来ているのはとても嬉しいです。

こんな世の中でも何か日々の小さな幸せ、

フランス語で言う " プチボノー petite behoeur ”

を見つけて過ごして行くと

何となく幸せな気分に過ごせるのではないかなと思います。

 

 

 

 

ヘンリー王子王室離脱問題

  • 2020.02.09 Sunday
  • 16:52

ちょいと呟きますが。。。

 

今回のヘンリー王子のイギリス王室離脱騒動。

 

私は個人的に非常に胸を痛めています。

 

というのも、我が家も同じような問題が

15年程前にありまして。

 

そんな王室の足元にも及ばぬ家ですが、

一応代々続いた家で

我が家が直系なので本家として家を継がなければいけない。

その長男である弟が、

結婚を機に家を出てそのまま疎遠になってしまいました。

 

疎遠というかほぼ連絡無し。。。

 

で、とある記事を書いた記者のとても興味のある表現

 

『ヘンリー王子はカリスマ性のあるメーガン妃に畏怖の念を抱いている』

 

ふむふむ。

 

ヘンリー王子も何不自由なくお坊ちゃまで育ち、

でもそんな自分に自信が無かったり、はっきり意見を言えない時もあったらしい。

そんな時にアメリカ人で自立したメーガン妃が自分に味方してくれて

とっても強くなった気がしたのでしょう。

 

そんな所も私の弟とその嫁の関係にも非常に似ています。

 

とかく、お坊ちゃんで気の弱いというか優しい男性は

強い自立した女性にやられちゃうのでしょうね。

 

僕が彼女を幸せにするんだ!って所に生きる使命を見出してしまう。

 

まあ二人がいつまででも健康で仲良く過ごしてくれれば良い話なのだけれど。

 

引っかかるのが、本当にヘンリー王子が完全に経済的に自立して生きて行けるのかって所でして。

そこを完全にクリアしないと格好がつかないではないか。

 

そして彼を失ったロイヤルファミリーの気持ちが、妙に我が家と被ってしまい、とっても同情するんです。

胸が締め付けられる。

 

やっぱり育ちや身分や価値観が違うもの同士の結婚はこう言う結果になるよねえ。

 

 

以上、ぼやきでした。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 16:47

世界が平和でありますように。

末永く続く地球でありますように。

 

2020年元旦 ミャンマー カックー遺跡にて

 

【2019年もあと5日を残すばかり】

  • 2019.12.26 Thursday
  • 15:03

今日は明日からのミャンマー旅行の準備でバタバタしております。

年末年始に家を空けるので、あれもやらねばこれもやらねば。

来年はもっと物を減らし、エシカルな生活を目指そうと思いました。
10月末から患っていた『テニス肘』も大分良くなりました。

先日のピアノ弾き語りのお仕事を無事にこなせたので心の底から安堵しました。

一時期はもう二度と弾き語りが出来ないのではと落ち込んだりもしました。

日頃当たり前に使える身体の機能。失ってみると本当に有難みが身に沁みます。

そんな事もあり、身体のメンテナンスをしながら、長く使える身体を作っていきたいとも思います。


年末の忙しい時期にちょいと綴ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成最終日

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 15:29

巷で

 

『平成最後の〇×▽』

 

という言葉が溢れていました

(今も溢れています)。

 

私はそれを使うのが嫌でずっと避けてきました。

 

『令和』という新しい年号の準備をするのも避けていました。

 

遂に今日は泣いても笑っても平成最終日!!

 

なんとなく心に迫り来る何かがあります。

 

年号が変わるのは、人生2回目です。

 

昭和天皇が崩御されたのは高校2年生の時。

 

同級生と、皇居に記帳に行きました。

 

今回は、特に何もしないで新しい年号を迎える事になりそう。

 

世の中はゴールデンウィークの真っ最中。

 

1年以上前から予定されていた天皇のご退位と

年号の変更。

 

仕事に追われて気付いたら年号が変わっていた、

という状況にしなかった政府は、今更ながら凄いなと思いました。

 

私にとっての平成は高校2年生〜現在。
自分の平成を思い返してみようと思います。

厳かに平成最終日を過ごしますニコニコ

 

雨の平成31年4月30日

 

 

再稼働です!

  • 2019.03.15 Friday
  • 21:31

Spring has come. I have reset and restart now!

 Let's jump out with these shoes!!!

 

ブーケ2ブーケ2ブーケ2春です春です春ですクローバークローバークローバー

 

さあ、自粛期間無事に終了です。

ミカリン活動再開しますキラキラ

人生一刻一刻を前向きに笑顔で刻んで行きたいですね。

ネオンカラーのスニーカー買いました。

これを履いて春の街を闊歩します馬

皆様再び宜しくお願いします。

 

 

大改造

  • 2018.09.08 Saturday
  • 17:01

大阪、北海道の皆様、

本当に心細い思いをされていると思います。

我々も出来る限りの事をしたいと思います。

早く普通の生活に戻ります様に。

 

私はニューヨークから戻って以来、

同じ事をしていても

感じ方が変わってきました。

ニューヨークで頑張っている現役のジャズミュージシャン達と

繋がっているという、心強さがあります。

ニューヨークですら、ジャズミュージシャンの生活は

楽ではありません。

でも好きな事が出来ている!お金がなくても代え難い好きな事がある!

という何者にも変えがたい心の支えが、

我々を邁進させているのだと今回更に確信しました。

 

何はともあれ、

私も心機一転、

新たに色々な角度から音楽に振られれるようにと

部屋の大改造をしております。

 

 

 

リビングの家具とラグを移動して空間を作りました。

こちらに念願のグランドピアノを迎え入れます。

 

 

 

48年生きてきて、初めてのグランドピアノです。

しかも親友からのお下がり。想い入れ深くなります。

 

レッスン室とは別にして、

自分の為のピアノにして演奏しようと思っています。

(なのでリビングルームに入れる)

もしグランドでレッスンをしたいという希望のある

生徒さんには、こちらでレッスンをしようとは思っていますが。

 

何はともあれ、この新たな気持ちを、

1日でも長く持って入られます様に。

 

ではでは。

 

ふと

  • 2018.06.23 Saturday
  • 23:05
色々な物には『価格』があるのだけれど、どう考えても、CDの対価は安過ぎると思う。作詞作曲、アレンジ代、ミュージシャン代、スタジオ代、エンジニア代、ジャケット写真代、イラスト代、アートディレクター代、著作権、印刷代、他色々、そしてそれまでの準備、労力、時間 - それらには音大等の学業も含まれる - それを対価にしたら絶対的に割に合わない。ま、良いんだけど。 だから呉々もCDは高い、とは思わないで欲しい。また、その一枚の裏にある沢山の人々の作業や苦労にまで想いを巡らして聴いて貰えたら嬉しい。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ファーストアルバム"MIKA"絶賛発売中!

独自の世界観でセレクトされたカバー曲やオリジナル10曲収録!  iPhoneImage.png

【2017年秋〜冬スケジュール】

コチラをチェック↓ http://blog2.mikaumezu.com/?eid=1413297

梅津美香プロフィール

ピアニスト&歌手 埼玉県生まれ。94年ジャズピアノを学ぶため単身渡米。 03年に帰国。その後はレストランやライブハウス等で弾き語りをする一方 ジャズピアノ、音楽理論、ボイストレーニングの指導にあたっている。 現在都内を中心に『必ず誰もが乗れるジャズライブ』をモットーにバンド活動を展開中。

ジャズボーカル・レッスン

初心者大歓迎です! 講師宅スタジオ(京浜東北線西川口駅下車徒歩3分)にて プライベートレッスンを行っております。 都内のスタジオや出張レッスンも行っております。 詳細は下記のアドレスまでお尋ね下さい。 折り返し直ぐにご連絡致します。 info@mikaumezu@com

A Whole New World 2019.9.8 @ Kiryu Village

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM