雪残る信濃路の春 着物でジャズ

  • 2011.05.05 Thursday
  • 03:55

こんな大変な時期に不謹慎かもしれないですが
母の所属する着付けの会主催の
新潟十日町旅行に便乗してきました。
と、言うのも、
着物を着てジャズを弾こう
という企画を
して頂いたからなのです

場所は当間高原ホテル・ベルナティオ
渦中の東電のやってるホテルです。
広大な敷地です。
ホテルも横に馬鹿がつくほどデッカイです。



到着して皆で急いで端午の節句のお茶会の準備。
私は一人でサウンドチェック。
なんとまだ調律士さんが作業中で、
調律したてホッカホカのピアノで演奏出来たのです。
音質最高で感激
もうテンション上がりますよ〜




一方では茶会の準備も見事に出来上がってました。





さてさて急いでお昼をかっこみ、大急ぎで着付け。
ぼっさぼさの髪をゆかりちゃんが直してくれました。
この二人干支は同じ戌。一回り違います。



実は今回は、着物の染色家・滝沢晃先生が中日新聞社賞を受賞された
祝賀会も兼ねており、着付けの会の全員で先生の作品の着物を着るのです。
どれもこれも違った風合いで、全員が揃うと圧巻でした。
先生の作品は遠目で見ても良し、
近くでディテールを見ても素晴らしいという、
楽しくて動きがあって斬新な作品です。
どうぞ皆さんも目を皿にしてお楽しみ下さい。。。
ちなみに私の着物は東北の祭りが描かれとります。



無事に茶会も終わり、続いてジャズコンサート。
ピアノの音も素晴らしく、音響も良かったので、
本当に気持ちよく歌って演奏出来ました。
最高じゃ
kimono jazz.jpg

草履を脱いで演奏。お行儀悪くてごめんなさい。。。


そしてなにやら力説する私↓
今回は最後の3曲は皆で合唱と言う「参加型」ライブにしました。



見てくださってる方もほぼ着物。
ホテル宿泊客の方や従業員の方も楽しんで下さった様子。



アンコールは「なごり雪」で。
ここ十日町はまだ雪が溶けておらず、
まさに惜しまれる名残の雪が目の前に広がっているのです、ピッタリ




夜の滝沢先生の祝賀会。
私のファンクラブ第1号(?)のくるみちゃん、小学1年生。
3歳の妹と0歳の弟の面倒をみる優しいお姉ちゃんです。
ピアノが大好きだそうです。
くるみちゃん、ピアノ頑張ってね。



翌日は街に繰り出し、十日町着物まつりを満喫。
街の茶会にも参加。この10分後辺りから、足がしびれてモゾモゾ落ち着かなくなりました。
にも関わらず、しっかりカメラ目線の私、イヒヒ



着物は後ろ姿も美しい。。。



そしてお昼は染色家・滝沢先生のご自宅に伺い、
名物奥様久美子夫人のこれまた名物手料理を満喫しました!
私の中ではこれが今回の目玉でしたから!
鼻息荒くなりました、もう最高〜〜〜〜

なんて言ったって、摘み立ての山菜やら、
その味を完成させる為に2000個使ったという半熟卵、
実家の農家でとれたコシヒカリのおにぎり、
などなど、
日本の田舎の味の宝庫です

あ〜自分は日本人だ、とつくづく感じたひと時でした。。。




最後に今回着た着物のディテール紹介だよん
帯揚げは季節に合わせ桜模様。
帯締めは先生からお借りして爽やかなブルーに
泥七宝の上沼緋佐子先生の桜の帯留め。

着物全体.jpg

左袖はチャグチャグ馬っこ
右袖はなんと山形の花笠をモチーフにしてあるのだ。
そして、左手前は祭り、
そして右手前にかけて花笠と牡丹。
わだすのルーツは山形だもの、いがったなっす



さてさて今回の旅行やら演奏で思ったこと。。。

とにかく手を抜かず一生懸命に全力投球する。
必ずや結果は付いて来る。
そして何かをやるからには
妥協は駄目、
完璧を目指すという事。
そしてお金を頂いてやる音楽と、
本当にやりたいからやる音楽とって違うんだなって事。
やっぱり自分がやりたいようにやるには、
仕事抜きで好きな人と楽しくやるってのが一番

それを味わえて本当に本当によかった。。。

有難う信濃路。
雪解けから出てきたばかりの蕗の薹は、
こんなにも黄色くて柔らかいのです。
生命の息吹は凄い。

我々も負けじと頑張ろうではないか、
色々な意味でエイエイオーっ

P1140625.JPG




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ファーストアルバム"MIKA"絶賛発売中!

独自の世界観でセレクトされたカバー曲やオリジナル10曲収録!  iPhoneImage.png

【2017年秋〜冬スケジュール】

コチラをチェック↓ http://blog2.mikaumezu.com/?eid=1413297

梅津美香プロフィール

ピアニスト&歌手 埼玉県生まれ。94年ジャズピアノを学ぶため単身渡米。 03年に帰国。その後はレストランやライブハウス等で弾き語りをする一方 ジャズピアノ、音楽理論、ボイストレーニングの指導にあたっている。 現在都内を中心に『必ず誰もが乗れるジャズライブ』をモットーにバンド活動を展開中。

ジャズボーカル・レッスン

初心者大歓迎です! 講師宅スタジオ(京浜東北線西川口駅下車徒歩3分)にて プライベートレッスンを行っております。 都内のスタジオや出張レッスンも行っております。 詳細は下記のアドレスまでお尋ね下さい。 折り返し直ぐにご連絡致します。 info@mikaumezu@com

A Whole New World 2019.9.8 @ Kiryu Village

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM